誰でもできる蛇口水漏れへの応急処置【水道修理を依頼する前に】

家のさまざまな場所で起こる水道トラブル~原因は経年劣化~

蛇口の水道修理を依頼する前に行なうこと

水道修理を依頼する場合、水漏れによる被害を抑えるためにしっかりと応急処置をする必要があります。また、水漏れによる周辺への腐食を防止するほか、水道代の負担の減少にも効果的です。

自分で行なえる蛇口の応急処置

止水栓を止める

蛇口からの水漏れが現れた場合、真っ先に行なうべきなのが「止水栓」を締めることです。この止水栓とは、水の勢いを調節する栓のことです。多くの場合水道メーターの横に存在しますが、この止水栓を止めると家全体の水道がストップするため、止める場合は注意しましょう。また、家によってはお風呂場やキッチンなどに個別の止水栓が取り付けられていることもあります。壁面と蛇口の間にあり、蛇口の配管の下やシンクの下などを探すと見つかるでしょう。ハンドル式の止水栓であれば手で締めることが可能ですが、止水栓の中にはドライバーで開閉をするタイプもあります。そのため、普段からあらかじめ止水栓の位置やタイプを調べておくと、いざという時に慌てずに対処できるでしょう。

簡単な掃除をする

止水栓を閉めて水の流れを止めた後は、蛇口を分解して内部の部品の清掃や交換をすることで水漏れを解消できます。バルブの汚れを取り除き、内部のパッキンを除去することで治せるでしょう。しかし、蛇口から水が吹き出しているなど、蛇口自体に故障が見られる場合や、自分で修理をすることに不安があるという人であれば、無理に修理をせずに水道修理の業者に依頼するとよいでしょう。また、水漏れの原因は蛇口本体ではなく、蛇口に繋がっている配管が原因であることもあります。配管の水漏れであれば、水漏れをしている箇所のナットを締め、されに配管用の補修テープを水漏れ箇所に巻きつけることで、水漏れの問題を解消できるでしょう。

水漏れは家計を苦しくする?

大量の水

毎月使用する水道料金の価格は必ず一定とは限りません。洗車や家の窓ガラス・浴室などの大掃除をした月や、お盆やお正月で家に人がたくさん泊まった月など、水道料金が高額になる場合があります。しかし、こうした掃除やイベントなどもなく、水道代が高額になっている場合、どこかで水漏れが発生していると考えられます。たとえ一滴ずつの少量が漏れていたとしても、24時間常に漏れ続けていれば大量の水を浪費していることになるのです。一昔前の水道メーターは、一滴ずつの少量であればカウントしませんでした。しかし、最近のメーターは非常に精度が高いため、水漏れによる水もしっかりと記録し続け、結果として見に覚えのない高額な水道代を請求されてしまいます。

TOPボタン